動画を活用して企画を考えるメリット

企業では社内での情報共有や社員への教育資料として動画配信が活用されるようになりました。企業内の仕組みに動画配信を取り入れることで、情報共有の幅をさらに広げることに繋がります。動画配信の活用について考えてみませんか。

◉ 情報共有の形式知と暗黙知について

 

企業内では多くの情報が溢れており、全体でその情報を共有することはとても大切なことです。しかし情報共有は大きく二種類に分けることができ、それによって効果的な共有方法も違ってきます。情報共有の中で文章や図、数式など、文書によって表現することが可能な情報を形式知と言います。一方、文章で表現することが難しい情報が暗黙知となります。暗黙知による情報共有には動画配信を活用して共有することで、より理解が高まり情報を共有しやすくなります。

 

 

◉ 情報の暗黙知には動画配信の活用が効果的

 

ノウハウや使い方、動きといった暗黙知の情報共有は動画配信によって共有することが効果的です。例えば、営業が上手い営業者のトークスクリプトを文書によって情報共有した場合、話す要点については把握できますが、それだけでは他の社員も営業が上手くなるとは限りません。会話ではトークの内容だけではなく、話すテンポや間の置き方、表情などの暗黙知も重要な要素だからです。他にも、文書で説明を行うと情報量が膨大になってしまう場合や製品の動きを具体的にイメージしてもらいたい場合は、暗黙知の情報と言えるでしょう。動画配信を活用してぜひ情報共有の幅を広げてみてください。

 

動画配信の活用を考えるならセキュリティ面に配慮したストリーミング配信を利用してみてはいかがでしょうか。ビーコンではクラウド(ASP)型サービスであるMedia-Gather(メディア・ギャザー)を提供しており、サーバー上でストリーミング配信されたデータを暗号化することができます。システム構築や教育環境構築によるプラットフォームのご提案などをサポートいたします。情報共有によるストリーミング配信についてご質問があればお気軽にご相談ください。

visit.icon

Visit

1-1-5 -4F Tosabori,Nishiku,Osaka City

Call

TEL: 06-6447-6160

mail.icon

2014 Becom Ltd.