動画コンテンツづくりに必要なコーデックの知識

企業では経営活動や宣伝広告を目的としての動画配信の利用が増加傾向にあります。企業向けのコンテンツや会員向けのコンテンツなど、その活用方法は様々です。動画コンテンツの作成を考えるならコーデックに関する知識を知ることで、より最適な動画配信を行うことができます。

◉ コーデックとは

 

動画を利用するためには、映像や音声データをエンコード(符号化)、デコード(復号化)するプログラムが必要となります。映像にはMPEG-4やWMV、音声にはMP3やWMAなど様々なコーデックがあります。インターネットで動画配信を行うには、これらのコーデックを用いてエンコード作業を行う必要があるのです。同じファイル形式でも映像データのコーデックと音声データのコーデックが視聴者側の環境に入っていなければ視聴することができません。そのためエンコード作業を行う際にはターゲットである視聴者の環境に合わせたコーデックの選択が必要となります。

 

 

◉ 最適なコーデックを選ぶには

 

動画配信をする場合、最も注目されるのが圧縮率です。効率的な動画の流通や配布のしやすさを求めてデータの圧縮技術が発展してきました。そのため圧縮率の高い動画は動画配信サーバの負荷を抑えられることにより、サーバダウンや表示遅延のリスクを減らせ、動画の高画質化を期待することができます。

 

動画編集と配信の運用においては、マスターファイルは高画質で編集し作成、視聴者側の受信負担と画質のバランスを考慮したエンコードを行う事が必要で、運用者の負担となっていました。しかし、クラウド型動画配信サービスのMedia-Gather(メディア・ギャザー)では、配信先のデバイスを選択するだけで最適なエンコードを自動で行う機能を備えており、カンタンに動画配信の運用を行って頂けます。動画配信の技術や視聴環境は目まぐるしく進化していくものなので、実際の作成や運用は戸惑うこともあると思います。

ビーコンではデジタルコンテンツの作成や動画配信に関するサポートをしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ビーコンではよんでんメディアワークスが開発したクラウド型動画配信サービスを提供しております。万全のセキュリティ機能でコンテンツを保護しているため、安心してサービスをご利用頂けます。さらにセキュリティ面だけではなく、様々な管理機能や配信機能により動画配信をサポートいたします。また、eラーニングなどの教育環境構築やWebサイトの企画作成など、Webを中心とした様々なサービスのサポートも行っております。セキュリティ面や提供しているサービスについてご質問があればお気軽にご相談ください。

visit.icon

Visit

1-1-5 -4F Tosabori,Nishiku,Osaka City

Call

TEL: 06-6447-6160

mail.icon

2014 Becom Ltd.