多くの人が視聴しているネット動画

近年ではネットの利用率が高く、PCやスマホなどのネット媒体の普及により、さらに情報を取り入れやすい環境となりました。その中でも動画配信は手軽に情報を読み取れることや発信される情報の理解のしやすさにより、利用率が高い傾向にあります。その利用率に注目して企業でも情報発信の媒体として動画配信をご活用ください。

◉ 動画利用の増加について

 

アメリカの調査会社の調べによると、アメリカやヨーロッパなどのマーケティングや営業担当者のうち、約70%以上が動画マーケティングに成功したという結果が出されています。そのため、企業の動画配信を利用した営業活動は今後さらに増えていくと考えられます。一方、大手代理店が調査した結果によると、日本ではスマホユーザーの約8割以上が動画配信を利用したことがあると答えています。その中でも約半数は週に1回以上、動画を視聴しているという結果が出ました。その高い利用率が注目され、日本企業でもWebマーケティングや社内の情報共有など、様々な面で動画配信を活用する取り組みが始められるようになりました。

 

 

◉ 動画配信は口コミされやすい

 

動画配信のメリットとしては、情報が分かりやすく動画を作成した側の気持ちや意図が伝わりやすいという点がありますが、さらに口コミしやすいというメリットもあります。動画配信を利用した視聴者がその動画を面白いと感じた場合、SNSやアプリを通して他のユーザーにもその動画を共有しやすく、受け取った側はクリックひとつで簡単に情報を共有できるという手軽さがあるのです。文字を読み込む手間もなく画像よりも深みのある動画情報は、業種や分野を問わず様々な企業活動で利用されています。

 

動画配信を利用するならセキュリティ対策についてもしっかり対応しているビーコンにお任せください。ビーコンが提供するMedia-Gather(メディア・ギャザー)はストリーミングデータが暗号化されることにより万全のセキュリティを提供いたします。ビーコンは動画を活用したライブ配信やPCやスマホなどのマルチデバイスでの配信にも対応してサポートいたします。

visit.icon

Visit

1-1-5 -4F Tosabori,Nishiku,Osaka City

Call

TEL: 06-6447-6160

mail.icon

2014 Becom Ltd.