クラウド型サービス導入のメリット

ITシステムの運用がより多様化・複雑化している現代。「システムを効率良く安全に運用したい」と願うニーズの拡大に伴い、大規模なクラウド型サービスを導入する企業が増えています。しかし、一部の企業では具体的な活用面やセキュリティ面に不安や疑問を抱き、導入が遅れているケースも見受けられます。クラウド型サービスを導入することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

◉ コスト削減に繋がる

 

従来の企業ITシステム構築においては、Webサーバー・データベースサーバー・メールサーバーなどのハードウェアやソフトウェアを自ら購入して構築・運 用するのが一般的でした。しかし、それでは初期投資費用がかさんでしまい、運用にも多くの人員リソースを確保する必要があるなど、企業経営を圧迫する要因 にもなっていました。一方、クラウドは、ユーザーがネット経由でハードウェアやソフトウェアを利用できる仕組みの総称で、企業の負担となっていた各種調達 が不要です。そのため固定費用の負担が減り、全体的なコスト削減に大きな効果が期待できます。また、ソフトの更新作業や故障対応に関しても、メンテナンス 費用はかかりません。経費削減に取り組む企業が多い中、低コストで的確に対応できるクラウド型サービスは、今後ますます需要が高まることが予測されています。

 

◉ 経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる

 

クラウド型サービスでは、様々なオプションやスペックを必要に応じて自由に選択できます。激変する市場環境や顧客ニーズへの対応は企業の生命線で、ITシ ステム適応も必要課題である場合が多いのですが、クラウドならあらゆるビジネス変化にも、迅速かつ柔軟に対応することができます。また、社内サーバーはア クセスできる場所が限られていますが、クラウド型サービスはWebブラウザさえ備えていれば、どんな端末からでも利用することが可能で、時間的・物理的な 効率化にも寄与します。クラウド型サービスへの導入で、無駄のないITシステムを実現してみてはいかがでしょうか。

ビーコンではWeb動画配信が驚くほど簡単に行えるクラウド型サービス「Media-Gather(メディアギャザ)」を提供いたしております。インターネットで行う情報発信と聞くと、真っ先にホームページを 思い浮かべる方が多いと思いますが、発信できる情報は画像や文字などの静的情報に限られています。動画配信の導入で、従来型のホームページだけでは伝えら れない部分も事細かに届けることができるため、企業PVや採用活動には大きな効果が期待できます。また、万全のセキュリティ機能で完全定額固定料金となっておりますので予算化しやすく、カスタマイズ要件や自社開発ならではの柔軟な対応も可能です。サイト内にはサンプル動画も掲載しておりますので、無料トライアルのお申込みやサービスに関することでご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

visit.icon

Visit

1-1-5 -4F Tosabori,Nishiku,Osaka City

Call

TEL: 06-6447-6160

mail.icon

2014 Becom Ltd.